浮気調査で使うGPSロガーは、リアルタイム?小型?何を基準で選ぶ?
2018/02/12

GPSロガーは「移動経路」「滞在場所」「滞在時間時間」がデータ化され記録されるので、
その日の相手の行動が丸裸となります。
値段も1万円以下と手頃なものが多く、近年はパートナーの素行調査にも使用される方はいますが
GPSロガーを選ぶポイントは「本体の大きさ」と「電池容量」に注目して選んでください。


基本的なことですがGPSロガーを仕掛けていることが
バレてはいけないのという理由と電池容量が大きければ途中で電池切れの心配がなく
充電の頻度も少なくてすみます。

機器はなるべく小さいほうがバレにくくはなりますが、小型に特化すると
電池容量が小さい場合があるのでバランスの取れたものを選ぶのが良いでしょう。
GPSロガーはリアルタイム検索できる?

GPSロガーはリアルタイムで位置検索が出来ません。

ロガーの使い方は1日~数日仕掛けた本体を回収して
パソコンにデータを移動させて初めて仕掛けていたときの移動経路がわかるのです。

リアルタイムで検索出来る機器もありますが、それはGPSトラッカーと
呼ばれるもので携帯電話の電波を使用するので月額料金が発生するタイプとなります。

プロの探偵が行う浮気調査ではリアルタイムで現在地を把握する必要があるので
GPSトラッカーを使用していますが、GPSロガーでも行動把握と証拠集めには十分使用できます。

よくロガーはリアルタイムで現在地を検索できると勘違いされている方も多いので
ご購入される場合はお気を付け下さい。

GPSロガーの仕掛け方

基本的な使い方は車両の底面の金属部分に落ちないように磁石で取り付けますが、
マフラーやエンジン付近は高温になるのでその部分は避けて設置します。

車体の底に貼り付ける器具はネット通販でも販売されているので、
付属していなければそういった器具を利用してください。

鍵を持ち出すことが出来れば後部トランクの中や車内に仕掛けてもよいですが、
GPS電波が問題なく受信できるか確認したほうがよいでしょう。

GPSロガーはGPS衛星の電波を利用して現在地を特定しているので
トンネルや地下など電波の届きにくい場所を移動されると衛星電波を受信できず現在地が
わからなくなってしまいます。

ロガーを設置するときも、なるべくGPS電波をさえぎる遮蔽物がないほうが好ましいので、
車体の底に設置するのはバレにくいからという理由だけでなく電波を受信しやすくするためでもあります。

うまく移動経路が反映されない場合は本体性能の問題ではなく、
取り付けた場所が悪いということもあるので表示がおかしければ一度試してみましょう。
参考:素人のGPS調査はバレる?GPSを使う浮気調査でよくある失敗


GPSの受信感度をあらわすには「dBm(デービーエム)」と
呼ばれる単位が使用され数値が小さいほど高感度となります。

高感度レシーバは受信感度-150dBm程ですのでGPSロガーを選ぶ際には
「dBm」が-150dBmより数値が小さいものを選ぶようにしてください。

◆ 浮気調査に関するコラム
カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.