結婚調査の料金相場ってどれぐらい?元探偵直伝の調査費用を安くする超スゴ技!
2017/10/03


カレとは婚約も済ませ、結婚ももう間近。でも……
  • 多額の借金を抱えていないだろうか
  • バツイチらしいけど詳しい離婚原因が知りたい
  • 犯罪歴の有無を一応確認したい

いざ結婚となったら、こういったことを事前に調べておきたい気持ちになる女性は、決して珍しくありません。
そして、実際に探偵事務所や興信所に依頼する方もいらっしゃいます。
ここでは、結婚前の相手に関する身辺調査、つまり「結婚調査」の料金相場と調査費用を安くする超スゴ技を、元探偵である私がみなさんだけにご紹介いたします。
結婚調査の依頼を前向きに検討している女性は必見です。

結婚調査とは
結婚調査とは、結婚を予定している相手の身辺を調査することです。具体的には、以下のようなことを調査します。
  • 基本的情報
    氏名、生年月日、現住所、本籍地、学歴、家族構成など
  • 婚姻情報
    婚姻の有無、離婚歴、離婚事由、子供の有無など
  • 経済的情報
    資産、収入、支出、借金など
  • 素行情報
    趣味嗜好、賭博・飲酒の有無と頻度、家族・友人・異性関係、関係者からの評判など
  • 勤務情報
    勤務先、役職、給料、勤務態度、職務経歴など

結婚調査の料金相場と調査費用を安くする超スゴ技
結婚調査を業者に依頼する際にかかる費用は、探偵事務所や興信所によって金額にかなり開きがあります。しかしながら、目安としては1日につき約8万円と考えておけばよいでしょう。調査内容や調査手段にもよりますが、これを上回っているようなら「割高」と考えて差し支えありません。
さて、この調査費用を少しでも安く抑えるには、ちょっとした手間が必要です。しかし、それによって調査費用は数万~数十万円も抑えられる可能性があるので、ここはみなさん頑張ってください。その手間とは、具体的に以下のとおりです。

〇調査項目をあらかじめ限定しておく
「とりあえず婚約者の身辺をひととおり調査して欲しい」という依頼の仕方は、あまりお勧めできません。調査費用が高額になるおそれがあるからです。調査項目はあらかじめ絞っておいたほうが、費用も安くなります。例えば、モテそうな男性なら「女性関係」、金遣いが荒い男性なら「支出、賭博」に限定して依頼すればよいのです。

〇込み込みの金額を提示してくれる所を選ぶ
見積もりの段階で、いわゆる「込み込み」の金額をあらかじめ提示してくれる所を選びましょう。探偵事務所や興信所は調査費用の他に、着手金、諸経費、車両費、報告書作成費、成功報酬などを追加請求してくる所が少なくありません。そういった費用を諸々含めて、結局のところ総額幾らかかるのかということを、あらかじめ教えてくれる所に依頼をしましょう。もちろん、相場である1日当たり8万円以下の所を選ぶのは、言うまでもありませんね。

〇複数の事務所のコストパフォーマンスを比較検討する
上述の「込み込みの金額を提示してくれる所」を幾つかピックアップして、事務所ごとのコストパフォーマンスを比較検討して依頼する業者を決めましょう。場合によっては最後の一押しで、以下のような交渉術を駆使してみるのもいいかもしれません。
「そちらより1万円安い金額を提示してくれた事務所があるんですけど、もしそちらが今の提示金額で調査日数をもう1日増やしてくれたらそちらに決めますよ」
「さっき行った事務所ではこれ以上は安くならないと言われたんですけど、そちらが少しでもこれより安くしてくれるなら依頼をお願いしようと思ってます」

◆ 探偵料金に関するコラム
カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.