元探偵が教える浮気調査の料金を相場よりも安く抑えるマル秘テクニック
2017/07/19

どうやら夫が浮気をしているようなので、浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼したい!
でも……
  • 依頼するお金が無い
  • どこが優良な事務所なのかよくわからない
  • バレたら面倒なことになりそう
こういった理由で依頼をためらっている女性のために、
ここでは元探偵の私が「探偵事務所の料金システムと選び方」をご紹介します。
◆ 探偵事務所の料金システム

1. 時間制

1時間当たりの料金 × 調査時間 × 調査員の数 = 調査料金

時間制の料金システムはこの形で、これを採用している事務所が最も多いです。

ただし、これはあくまで調査料金のみの費用です。この他に基本料金や、
交通費や書類作成費などの諸経費が別にかかってくるところもあるので、
この点に関しては依頼する事務所に細かく確認する必要があります。

時間制料金プランの平均的な調査員1時間あたりの料金は、5000円~8000円になります。
また、調査員の平均人数は、2名~3名です。
これを例に、料金相場を計算したのが下記の表になります。

時間制料金プランの平均的な調査員1時間あたりの料金は、5000円~8000円になります。
また、調査員の平均人数は、2名~3名です。
これを例に、料金相場を計算したのが下記の表になります。

浮気調査の料金相場
時間 調査内容 料金
30時間
調査員2名 × 5000円 30万円
調査員2名 × 8000円 48万円
調査員3名 × 5000円 45万円
調査員3名 × 8000円 72万円

※この料金に諸経費などは含まれていません。

2. パック制

いわゆる「コミコミ」というやつです。

基本料金、調査料金、諸経費など、浮気調査にかかる全ての費用を含めた金額を、
あらかじめ定めている料金システムです。

これは明朗会計で非常に安心感がありますが、反面、調査が短時間で終わった場合は
割高になってしまうというデメリットもあります。

3. 成功報酬制

依頼の際にまず着手金を支払い、調査が成功したら後で報酬金を支払うという料金システムです。

つまり、結果が出なければ報酬金は払わなくてよいということです。
しかし、このシステムはしばしばトラブルを引き起こしがちです。

なぜなら、「何をもって成功とするか」という定義が、依頼者と探偵事務所で食い違っている場合が多いからです。
この料金システムの事務所に依頼する場合は、必ず成功の定義を綿密に相談して、
その内容を書類にして取り交わしておきましょう。

◆ 探偵事務所の選び方


料金システムはわかったけど、浮気調査はどういう探偵事務所に選べばいいの?
そうお考えのみなさん、それケース・バイ・ケースで違ってきます。
なぜなら、依頼するときの条件によって、選ぶべき料金システムが変わってくるからです。
以下に、どういう場合にどの料金システムの事務所を選ぶべきかをご紹介します。

A.調査すべき日時や場所があらかじめわかっている場合

夫が浮気相手といつどこで落ち合うかあらかじめわかっている場合は、時間料金制の事務所をお勧めします。
そこまでわかっていれば、調査が短時間で終わる可能性が高いからです。

B.調査すべき日時や場所がはっきりしていない場合

夫と浮気相手がいつどこで会っているか把握できていないという場合は、パック制の事務所をお勧めします。
事前情報が少ないと、調査が長引く可能性があるからです。

C.夫の浮気の可能性が低いと思われる場合
念のために浮気調査を依頼するが、夫が浮気している可能性は低いと思われる場合は、
成功報酬制の事務所をお勧めします。ただし、
依頼の際は「多分浮気してないとは思うんですけど……」と事務所に言うのは控えてください。

成功報酬制の料金システムで依頼を受けることを、渋る可能性があるからです。
もちろん、口コミや金額自体も探偵事務所選びの重要なポイントです。

また、複数の料金システムを採用している事務所も存在します。
そういう事務所に依頼する場合は、調査内容や条件に応じてどの料金システムを選択するのがベストかを、
事務所側とじっくり相談するとよいでしょう。

◆浮気調査の料金を安く抑える方法


探偵の調査料金を安く抑えるには、調査料金がどういうふうに算出されているか?
を思い浮かべてみることが鍵になります。

調査依頼を考えている人が探偵を比較検討する時に目安にしやすいのが、『1時間当たりの料金』です。
1人の調査員が1時間調査するにあたって、どのくらいの金額が必要かを掲載しているのですが、
HPなどに掲載されているこの料金、比較する際実はあまり当てになりません

どこの探偵でも比較されることを考えて足並みがそろっていたり、1時間辺りの単価をかなり安く設定し、
かわりに基本料金を設定して帳尻を合わせたりと様々な料金の工夫がなされている場合があるからです。
実際のところ注目して欲しいのは、『調査時間と調査員の数』。調査に関わる調査員の数が増えれば増えるほど、1時間に消費されていく料金は倍々ゲームのように増えていきます。

一般的な浮気調査で必要とされる調査員の数は、2~3名程度
よほど難しい調査でない限り、それ以上の人数を投入してもあまり調査力に差が出るわけではありません
また発覚リスクの低減のためにと人数の増員をしなくても、調査力のある探偵に依頼することで、少ない人数でも発覚リスクを上げることなく、効果的に証拠の取得を行うことができます。
浮気調査の料金相場|調査員の人数別の相場

また、調査を依頼する前に、浮気をしていそうな怪しい日のパターンや状況を無理せず情報収集しておくことで、調査時間を短くすることは知られた話です。 調査力のある探偵を見つけて依頼すること、
事前に浮気に関する情報を集めておくことが、
調査時間と調査員の数』を抑えることになり、浮気調査の料金を安く抑えることにつながります。


◆ 浮気調査に関するコラム

カテゴリ

Coryright© 浮気調査NP right reserved.